セントマーチン グアバベリー リキュールとは?
2007年7月7日より、西インド諸島セントマーチン島のセントマーチン グアバベリー リキュールを発売開始いたしました。

西インド諸島とは、南北アメリカ大陸の間にあるカリブ海に存在する約7000の島々です。
気候は温暖で、海の透明度は高く、山は自然が豊かなため、当地のみで存在する植物が多く存在しています。

以前、大航海時代にこの魅力的な島の植民地化が進み、イギリス、フランス、オランダ、スペインなどの国によって支配されていました。現在は独立して独特の文化を形成した島もあれば、そのままの状態で各国の文化を継承している島も多く存在しています。

代表的な島はキューバ、ドミニカ共和国、ジャマイカ、バハマなどです。
ある島ではサッカー人気、またある島では野球が強く、またまたある島ではクリケットが盛んです。
レゲエ、サルサ、メレンゲ、ズーク、スチールパンなどの音楽文化が発祥したのもカリブ海独特のものです。

その中でもセントマーチン島は非常にユニークな島です。
西はスペイン文化が根強いアメリカ領プエルトリコ、北はイギリス領アンギラに囲まれた小さな島です。実はセントマーチン島は島中央に国境があり、北半分はフランス領、南半分はオランダ領です。東西南北それぞれ17kmずつしかないこの小さな島には、異なる言語、通貨、電圧等2つの文化が共存しています。
出入国手続きなど必要ない、自由に行き来できる不思議な島です。

グアバベリーは、セントマーチン島の国境付近の山で採れる貴重な果実です。
近隣諸国でも栽培されていますが、セントマーチン島では豊富に収穫することができます。

この果実をラム酒とミックスし製品化されたものが、グアバベリー リキュールです。
島では100年ほど昔から年に一度、クリスマスに家庭でこのお酒を飲む習慣がありました。

グアバベリーはグアバと異なります。ベリー系ですが、全く新しいフレーバーで、グアバベリー リキュールはwoody、fruity、spicy、bitter-sweetな味わいです。

現地で代表的なものは、グアバベリーコラーダです。グアバベリーリキュール、パイナップルジュース、ココナッツミルクでフローズンにしたカクテルが人気です。
ストレート、ロック、ソーダ割り、又はパイナップルやグレープフルーツジュースなどと割ってもおいしく、飲みやすいリキュールです。

弊社では、カリブ海の魅力をより多くの方にお伝えしていけることを願っております。